トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中


 当ショップは
「糸魚川ヒスイ商組合」
 の加盟店です

商品カテゴリ
 

スマートフォンは此方から

  
   
( ご注文商品の在庫に付いて )

当サイトで販売中の商品は、別サイトや実店舗でも同時に販売を行っている商品も有ります。そのためご注文を頂いた時点で商品が販売済みとなっている場合がございますので、予めご了承下さいませ。
 


当ショップでは、トラブル等が生じやすい為に注文制作は致しておりません。

 

 

 

 

このコーナーは糸魚川産硬玉翡翠のお話-Uです

 

このコーナーの内容は私自身の体験談ですので、
なにせ未熟な文章ですので読み難い点や
間違い等あるかもしれません、
また翡翠のお話と重複したりすると思いますが
ご了承ください。間違い等あれば修正致しますので
気楽に読んでください。
周りの方や私自身に指し障りのない範囲内で
書いております。また考え方の違う方も
いらっしゃると思いますが、
この内容は絶対的な物ではありません、
ご了承くださいませ。

 

〜翡翠 きまぐれ雑談                                                                  

 昔は沢山翡翠が拾えたんだろうな、
もう少し早くから翡翠に目覚めていたら
沢山拾えただろうな、
この言葉は昔からよく聞きます、
私も一時そう思っていました。 
しかし以外や以外翡翠歴40〜50年の先輩がたの
話では昔は3〜40年前、
今みんなが思っているほど沢山は
見つかっていないと言っておりました、
色々考えるとそれもなっとくです、
昔は河川に砂防ダム等はあまり
無かったと思いますので、
その頃は山や川から土砂や岩石等が
自然の作用で海に流れ出て、
海岸は現在より幅広い海岸で景観も
現在より良かったと言っておりました、、
私も以前に何度か、
昔の海岸の写真を見た事が有りましたが、
現在とまったく違うとな〜と思った事が有りました、
以前にある先輩から、昔は宮崎海岸から
青海海岸まで川以外は全部歩けたそうです、
朝早く宮崎海岸を出発し青海海岸まで行き、
また戻って宮崎海岸に夕方到着、
現在では夢のような話です、聞いた話なので、
本当だと思いますが、
私も調べてないので時間的になんとも、
それだけ頑張っても空振りはしょっちゅうだったそうです、
また砂や小砂利の場所が多いので
見つけても小さい翡翠が多かったそうです、
その頃の海岸は広くて歩くのも
楽だったと思います、その結果浸食が
あまり無いので翡翠もあまり出無かったのだと思います、
実はその歩いていた下には翡翠は
沢山埋まっていたのです。
海岸で翡翠が沢山出始めたのは、
姫川漁港が出来た頃と聞いた事が有ります、
その頃には河川の砂防ダム等も
沢山出来ていたと思いますので、
土砂等の供給が減ったのと、
姫川漁港が出来た為に海岸線の
北から西への土砂等の供給も止められ、
姫川漁港より西の浸食が始まったのだと思います、
まだこの頃はテトラポットはほとんど無かったと
思います、姫川漁港が出来たのは
何年前かわかりませんが、
ここでは30年前とします)、
その後長年にわたり浸食しては、テトラポット入れ、
護岸工事をし、その繰り返しです、
土砂の供給が止まっているので
いずれ護岸やテトラポットは崩れだし
海岸の浸食もだんだん起って来ます、
その時翡翠は沢山出るのです、
翡翠を探されている方はよくご存じと思いますが、
テトラポットや大きな障害物がある場合、
西、左の方が大きく浸食されますので、
左側で翡翠を見つけられる事が多いと思います。
私が翡翠を始めたのは22年前で、
テトラポットはあちら、こちらに、
有りましたが、それでも今の10分の一以下です、
探しきれないぐらい翡翠を探す所はありました、
たとえば親不知ピアパークから青海川まで
何度か往復した事も有りました、
テトラポットはたぶん一つも無かったと記憶しています、
勝山海岸もその頃にはテトラポットは
有りませんでしたが護岸の階段はありました、
護岸の階段ぐらいなら有っても翡翠探しに
支障はあまり無かったと思います、
私はその頃はまだ翡翠の事がよく分らない時でした、
その時に勝山海岸で見せて頂いた
綺麗な翡翠3キロぐらいの丸くて
半分明るいアップルグリンで透けている、
翡翠を見たこと無い人でもそれを見たら
ぞくぞくと来ると思います、
その翡翠が出た場所を教えて頂いたので
何回か通いましたが、
そんな翡翠がまた直ぐに出るわけないと思い
諦めました。(少し寄り道、翡翠に詳しい方の
コレクションを見せて頂きますと素晴らしい
翡翠も見せて頂きますが翡翠なのか
なんだか分らない様な?きわどいと言うか、
私もそうですが、変な翡翠が目につくんですね。
翡翠採取を始めて数年ぐらいの人は
量は少ないですがけっこう綺麗な
翡翠を見つけられているようです、
色の良くない翡翠や質の良くない
翡翠には目が行かないんですね)
その数年後に10メートルを超える超大波がありました、
その時私は福岡にいましたので波をみておりませんが、
二日後にすぐ飛んで来ました、
もちろん波は下がっていました、
50年以上糸魚川の海をみて来られた方から
今までにこんなに高い波は初めてだと言っておられました、
その時に勝山海の護岸階段は崩れ
北陸本線の線路の敷石まで崩れ列車は
不通になりまた、その後まもなく
勝山海岸の長く沢山のテトラポットがならんだのです、
みんなかりしてました、
それからおおよそ15年ぐらい経ちます
テトラが多少崩れると波の力で砂利や翡翠は
テトラを飛び越えてくるんですね、
テトラが入っても探す人は後をたちません、
現在は勝山海岸一帯は砂が多く、
この砂が無くならないと本当には
翡翠は出て来ないと思います、
2〜3年かかるかも知れません、
たぶんこれは人工的に入れた土砂です、
以前にも8年前ぐらいかな?
北陸自動車道の二車線化で掘った土砂を
青海海岸からほとんど海に入れていました、
私は時々見ていましたがあまりにも多い量なので、
もう終わったな、と思いました、
しかし4〜5年で無くなりました、
砂や小砂利ぐらいだと移動もけっこう
早いと思いました、勝山もいずれ砂が無くなる時が
来ると思います、期待しましょう。
姫川漁港が出来たのは約30年前、
それから8年後ぐらいに私は翡翠を始めました、
浸食がだいぶん進んでいた頃です、
今思うと一番翡翠が出た時期に巡り合わせて
頂いたと運命に感謝です、
毎年1〜2トン20年間素晴らしい翡翠も
沢山ありました、博物館なら3つぐらいは出来たと思います、
しかし生活の為ほとんど売ってしまい
良いのはあまり残っておりません、
残ったのは普通の翡翠と加工技術と年齢と皺です、
これも運命。市振り海岸の事です、
15年前ぐらいだったと思いますが、
それ以前市振り海岸は砂浜で
翡翠はあまり出ない所でした、
海岸の幅も今の倍以上あり遠浅でした、
市振り海岸の下の駐車場の近くの海の中に
三角の岩が見えますが15年前は飛んで乗れる
ぐらいの位置でした、
その頃海流の変化か何かで波の度に
浸食が急に始まりました、
その後も浸食は進み翡翠を見つけたと
口コミで広がり、れまではたまに翡翠探しに
人が来る程度でしたが、
口コミはすぐに広まり大勢の人が来るようになりました、
沢山の人がいても翡翠を見つけた、
私もみつけた、僕も見つけた、
みんな見つけていました、
3〜5年続きましたがその後また砂地状態になり
翡翠はあまり出なくなりました、
しかしまた最近は3〜5年ぐらい前から
翡翠が出るようになり現在も出ているようです、
この狭い市振り海岸だけでも計り知れない
量の翡翠が出ています、
まだ完全に浸食が終わっていませんので
まだまだ沢山でると思います。

 

〜最近の糸魚川翡翠の現況〜

 

以前と違い最近は、
糸魚川翡翠も盛り上がっていますね!
インターネットの力は本当に凄いと思います、
また高速1000円の影響なのか
今日5月4日青海から宮崎海岸まで
国道8号線を走りましたが、
こんなに多くの車が走ってるのを見たのは久しぶりでした、
こんな田舎町でこんなに混雑、
都会では渋滞でいらいらした方も
いらっしゃったのでは?
宮崎海岸まで行きましたが途中に
翡翠探しらしい車もたくさん止まっていました、
知り合いの情報では姫川も翡翠探しの
車だらけと言っておりました、
翡翠は簡単には見つかってないと思いますが、
お天気も良かったし翡翠好きには
最高の一日だったのでは?平成21年、
今年の冬海岸では何時もの年と違って綺麗な
翡翠が沢山出たようです、
私も2月頃そのままでも透ける2`ちょっとぐらいの
翡翠を見つけました、
知り合い達も皆半分自慢のためか、
みんな見せてくれます、
根気のある人はさすが糸魚川での
ローカンクラス見つけてますね、
もちろんプロやプロクラスの人たちです。
以前から翡翠さがしの人は多かったですけれど
最近はもっと増えて来たような気がします、
知り合いのお店に時々遊びに行っておりますが、
お客様が海岸で採取した石を鑑定してくれと
持って来ます、ビニール袋に山ほど入れてくる人は
翡翠はほとんど入っていないようです、
手に2〜3個ぐらい持ってくる人の中には
翡翠が入っているようです、
小さいですが綺麗な翡翠を時々持って来られる
方も居るようです。
最近はテトラポット等も増えて来て
探す場所も少なくなり簡単に見つからないようですが、
実際はまだまだ無尽蔵に有ると思います、
その証拠に大波の度、
後には100%良い原石が上がっています、
それでも氷山の一角ではないですけど、
たまたま顔を出した分だけです、
みなさんが翡翠探しで歩いている足元の
地下にはまだまだ沢山埋まっています、
それが波で浸食されて少しづつ現われて来ます、
私たちが生きている間に翡翠が無くなる事は
無いと思いますので慌てなくても良いと思いますが、
チャンスが有ったら糸魚川へ訪れて見てください
,翡翠は見つかる保証はないですが、
自然はいっぱい見れます。

 

 翡翠探しの心得 海岸編〜

 

 翡翠探しの基本は海岸を見ながら
歩くだけですので簡単です、が、
楽しく翡翠を沢山採取するには、
それなりの知識や心得が必要です、
私も探しておりますので、
あまり教えると私の取り分が減りますが、
教えちゃいます、糸魚川の為に?
翡翠が拾える場所は富山県の東部の
宮崎海岸〜糸魚川市の押上海岸の間は
全部どこでもでます、
実際はそれを外れた場所でも出ます、
どこまで外れた場所まで翡翠が出るか
調べた事は有りませんが、
だいぶん遠くまで広がっていると思います。
翡翠探しのマナー、 海は皆の物ですが、
釣り人や漁師さん、他に翡翠探ししている人もいます、
お互いにマナーは守り、
お互いに譲り合いの精神があれば楽しい
一日が過ごせると思います。
海岸での翡翠をさがしは自由で早い者勝ちですが、
ほかに探している人もいます、
相手の事も考えた上でのマナーで
翡翠探しに挑戦してください。
海岸での翡翠探しでは波打ち際を歩いて探します、
初めて翡翠を探される方は宮崎海岸がお勧めです、
海岸は広く歩きやすいです、
砂や小砂利が多く見つかる翡翠も
小さいですが運がよければ数も多く見つかります、
白や灰色、透明感の無いものがほとんどですが、
時々翠やラベンダーの綺麗な翡翠が出るようです、
翡翠探しは長時間探しますので、
けっこう疲れ足が痛くなります、
最初は短時間で、慣れてくると半日でも
平気になります、翡翠の見分け方等少し
分かって来ましたら、
宮崎海岸だでけでなく他の海岸にも
行かれたら良いと思います。
翡翠を探して歩いていると必ず他の人と
すれ違いますので挨拶ぐらいは
自分からした方が得です、
声を出すのが嫌な方は少し頭を下げるでけでも得します、
理由、翡翠を探す人は同じ場所にいつも来ますので、
何度も同じ人と会うからです、
気まずい思いをすると、
またあの人が来てるかと思うと探しに行くのが
嫌になります、
上手な人は自分からどんどん挨拶するようです、
何度か会うと親しくなり、少しずつ色んな事を
教えてもらえる様になると思います、
翡翠に詳しい人もけっこうおりますので
翡翠上達の早道になると思います、
私も最初の頃は人と親しくなる事で
色々覚させて頂きました、
あまり同じ人と深く親しくなるより、
浅く沢山の人と親しくなる方が良い様に思います。
他の人より良い原石を沢山見つけるには
根気が必要です、翡翠探しを長年やっておられる方は
根気のある人達が多いです、
また翡翠の出方を知った上での努力も必要です、
他の人より沢山見つけるには人より努力をし、
裏の裏を考え要領良く探せばきっと見つかります、
私も歩いて沢山見つけています。

 

 翡翠の人気〜

 

 翡翠の人気は昔から安定しているようです、
特別翡翠大ブームもあまり無い反面
すたれる事も無いようです、
新しく翡翠に興味を持ち求めて来られる
人が居る反面2〜3年ぐらいで飽きたりして
止めて行く人、その繰り返しで翡翠人口は
安定しているように思います、
他の宝石や鉱物等に比べて翡翠に興味を
持っておられる方は少ない様に思いますが、
それでも、全国的ともなれば翡翠に
興味を持っておられる方は相当に居ると思います、
翡翠は人を魅了させ引きつける不思議な力が
有るようにおもいます、
しかし皆が引きつけられる訳ではありません、
意外に地元の人で翡翠に興味の無い方が
多いのに驚きです。また私もそうですが、
地元で翡翠に専念している方はほとんど
約8割方地方から移り住んでる人達です。